バレエ初心者ブログ 〜大人からでもトウシューズ〜

大人から始めた超初心者でも、夢はトウシューズ!!
 

2014年08月23日

センターレッスン 〜アダージオ〜

では、レッスン場の真ん中(センター)を
使用してレッスンしましょう!


アダージオとは…
「ゆったりとした」という意味です。

バレエでは、「ゆったりとした」音楽に
合わせて動作することを言います。

「アダージオ」は男性パートナーと
一緒に踊る「パ・ド・ドゥ」にも
使用される用語ですが。。。

今回は「センターレッスン」ですから!


「アダージオ」の曲に合わせて、
まずは「プリエ」から。

1番は、バーレッスンと同じで
ドゥミ・プリエ×2回と
グラン・プリエをしてみてください。
ぐらついたり、前かがみになったり、
手を床につけてしまったりしてませんか?


2番では、グラン・プリエのあと膝を
伸ばしたら、そこから「ルルベ」まで。
かかとが高い位置でキープできるように。

アン・オーだけど肩下げて〜

ななみはよく言われます。。。


次は「タンデュ」「ジュテ」
軸足にきちんと乗れていますか?
「アンクロワ」する時の体重移動は
スムーズですか?

「ロン・ドゥ・ジャンブ」や
「デヴェロッペ」では、脚を空中に上げた時、
背中や腰が落ちてませんか?
そもそも脚あがってますか(笑)?

ななみも脚あげに必死です(泣)

「デヴェロッペ」の後ろは少しアレンジされて、
「アティチュード」からの
「アラベスク」そして
「プロムナード」最後に
「パンシェ」

ここまで来たら、何がなんやら(汗)

「プロムナード」とは…散歩という
意味ですが、バレエでは決めた形の
まま360度、またはクロワゼから
エカルテなど決められた角度に軸を
向ける(回る)ことを意味します。

「決めた形のまま」っていうのが
クセモノ(笑)
ほとんどが「アラベスク」または
「アティチュード」です。

有名なプロムナードと言えば、
「眠りの森の美女」のオーロラ姫
「ローズ・アダージオ」です!
イメージが思い浮かびましたか?

ここに記載したのは、一例で、
お教室によってはまったく違うことを
されるかもしれません。

共通しているのは、音楽が
「ゆったりと」していること!

「アダージオ」で
体幹とバランスを鍛えましょうね!!

では、また〜



posted by ななみくみ at 11:09 | Comment(0) | センターレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。