バレエ初心者ブログ 〜大人からでもトウシューズ〜

大人から始めた超初心者でも、夢はトウシューズ!!
 

過去ログページ

2014年09月07日

基本のお話 〜ルルベ〜

前回の「アダージオ」はどうでしたか?

みなさんが通われているお教室とは
違っていたかもしれませんが、
いかに「バー」無しでバランスが
保てるかを常に意識するレッスンには
変わりありません。

さて今回は、前回の「アダージオ」で
出てきたバレエ用語の解説をしたいと
思います。

全部の解説を入れながらの説明は
ななみには無理でした(泣)

何度かブログ内で出てきた「ルルベ」
ですが、ようやく用語解説します〜(泣)


ルルベとは…
「持ち上げる」という意味です。

バレエでは、何を持ち上げるのか。。。
身体の場所で言えば「かかと」なのですが、
結果として身体全体を持ち上げることになります。

ここで、上半身を引き上げておく必要が
出てきます。

先生から「上半身をしっかり引き上げて!」と
声がかかることがあると思いますが、これが
できないとトウシューズは履けません。

いや、ななみも引き上がっては無いのです
が、、、引き上げる努力はしています(汗)

引き上がってないとヒザが曲がります

そして、足首がロックするところまで、
「かかと」を上げるのですが、甲を前に
出す感覚とも言えます。

ななみの先生は「低いルルベ」は脚が太く
なるとおっしゃっていました(恐ろしい(>_<))

ななみが通う教室では「ルルベ」が
高くないと、トウシューズのテストに合格
できません。
他にも総合的な基準はあると思いますが…
(他のお教室のトウシューズ合格の基準は
どうなんだろうなぁ)

バレリーナが細い理由がここで明確に(笑)
何と言っても、自分の全体重がつま先に
集中するわけですから…

ななみは自宅での練習のひとつとして、
お風呂の後、「ルルベ」でドライヤーを
かけていました。

発表会が終わるとショートヘアにするので、
短い時間(3分くらい)で乾きますが、
髪が伸びていくと「ルルベ」の時間は長く
なっていきます。

我慢できなくなった時は、
1回降りて「プリエ」すぐ「ルルベ」を
繰り返しています。

自主練時間を作らなくても、生活の中に
取り入れてレッスン
することを意識して
います。

みなさんも、何かするついでに
バレエの動作やストレッチができないか

見つけてみてはどうでしょうか?

くれぐれも無理はしないでくださいね。


では、また〜




posted by ななみくみ at 00:53 | Comment(0) | 基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。